1. 枚方香里園の歯医者ならセンヤ歯科医院>
  2. 一般歯科

一般歯科

当院の歯科診療

来院された方一人ひとりが心から満足いただけるように

枚方市香里園の地域の皆様に信頼される歯医者となるべく、
私たちが目指している歯科治療は、
来院された方一人ひとりが心から満足いただけるように
することです。
以前は、歯医者で歯を治すのは痛いものであるという考え方が浸透してしまい、
歯の治療にいい思い出がなく、歯医者に恐怖心を持たれる方も多いようです。
当医院は、そのような恐怖心をお持ちの方でも、できるだけ痛みを抑えることで、
安心して来院していただけるように心がけて、治療を行なっています。
治療前には十分内容を説明させていただき、これからどのように治療するのか、
皆様に納得して頂いた上で治療できるようインフォームドコンセントの徹底を心がけています。
また、大学病院とも連携をとり、セカンドオピニオン制度も設け、専門性も目指しています。
院内では皆様に安心・安全な治療を提供できるよう使用する器具一つ一つ丁寧に消毒を行うなど、
滅菌システム等を充実させています。
これからも、枚方市香里園において、皆様のかかりつけの歯医者となれるよう、努めてまいります。

噛み合わせ治療について

噛み合わせを構成する歯には乳歯永久歯がありますが、6歳前後から永久歯の第一臼歯(だいいちきゅうし)が最初に生え、順次乳歯との交換が進みます。
12歳ごろには乳歯の役目が終了し、永久歯が全部生えそろいます。その後は永久歯列の噛み合わせで健康に一生を過ごします。

しかし、実際にはその永久歯列の歯並びが悪かったり、歯の削りすぎ・被せ物の高さが合わない等の歯科治療の不徹底で、歯並びの乱れが生じている状態を見ることがあります。前者の場合は矯正治療で改善し、後者の場合は歯科医院での噛み合わせの再構築治療で改善されます。
その治療の目的は、『見た目(審美)の改善』と『咀嚼(そしゃく)機能の向上』ですが、もう一つ大切な目的は『健康の管理と向上』です。

このように当院では、『噛み合わせは健康の始まり』という視点で歯科治療に専念しております。頭痛・肩こり・めまい・手足のしびれ・不眠などの原因不明の不定愁訴でお悩みの方は、一度ご来院の上ご相談下さい。

顎関節症について

顎関節症とは、口を開けたり閉じたりする際に顎がカクカク鳴ったり、開口障害があったり、開けた時に痛みを感じたり違和感を覚えたりする病気です。
顎関節症になられた方はどこに相談すればいいのかわからず、多くの方は整形外科を受診されたりしますが、この病気は歯科医院の担当です。
このような症状を感じられた方は一度ご来院の上ご相談下さい。

マウスピース治療について

ひとりひとり歯型を取り、歯に固定できるように専用のマウスピースを作成します。
普段は就寝中に使用し、無意識下での噛みしめや歯ぎしり等の外傷性咬合から、歯と咀嚼筋と顎関節を守ります。その結果、頭痛・肩こり・めまい・手足のしびれ・不眠などの様々な症状を改善します。
他の医院で改善しない、または原因不明の諸症状でお悩みの方は、一度ご来院の上ご相談下さい。

ページ先頭へ